• ホーム
  • 早漏に悩んでいる人はどんなトレーニングをすれば持続時間がアップする?

早漏に悩んでいる人はどんなトレーニングをすれば持続時間がアップする?

2020年01月08日

薬に頼らずナチュラルに早漏を克服したい人は、トレーニングをすることで持続時間をアップさせることもできます。まず、過敏性早漏の場合、持続時間を伸ばすためには刺激に強くなることが大切であるため、オナホールを使ったトレーニングがおすすめであります。最初は刺激の弱いオナホールを使ってピストン運動を繰り返し、10分間射精せずに耐えられるようにトレーニングをします。刺激の弱いオナホールで10分間ピストン運動を持続できるようになったら、もう少し刺激の強いオナホールに替えて同じようにトレーニングします。克服する度にどんどん刺激の強いオナホールに替えていき、刺激に強い陰部に育成していくのです。しかし、やりすぎは禁物で、週に2回から3回のペースで行いましょう。

また、スクイーズ法というトレーニング方法もあります。やり方は、マスターベーションをして射精しそうな状態まで持ち込んだ後、射精寸前で亀頭を親指と人差し指で押さえて5秒ほど圧迫します。射精感が収まったら再び同じ工程を4回ほど繰り返し、最後に射精して終了します。繰り返しトレーニングをするうちに、指で押さえなくても射精がコントロールできるようになっていくでしょう。ただし、最後に必ず射精を行わないと、逆行性射精という射精障害を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

そのほか、ゆっくりとマスターベーションを行うことで、長時間勃起したままをキープするトレーニングができます。手でゆっくり優しく陰部をタッチし、刺激が強まってきたら触るのをやめて落ち着かせます。興奮が収まったら再び同じ工程を繰り返し、できるだけ長く勃起をキープできるようにしましょう。射精をしない感覚を養うことができ、射精をコントロールできるようになります。

衰弱性早漏は、年齢による衰えで射精閉鎖筋が衰えることによって起こりやすいため、射精閉鎖筋をトレーニングして鍛えるのがベストです。しかし、射精閉鎖筋を直接的に鍛えるのは難しいため、その周辺にあるPC筋を鍛えるのが合理的になります。PC筋は肛門と前立腺の間に位置する筋肉で、この筋肉を鍛えることで間接的に射精閉鎖筋も鍛えられるのです。
やり方は、ゆっくりと肛門を占めた後その状態を5秒ほどキープし、その後肛門を緩めその状態を5秒ほどキープします。1日に30回ほどのトレーニングを継続して行うことで、射精をコントロールできるようになるでしょう。

関連記事
プリリジーが高すぎて手が出ない人はジェネリックの利用を検討しよう

プリリジーは全てのタイプの早漏に効果の高い治療薬だとはいえ、継続して使うのは価格が高すぎると感じる人も多いでしょう。メンズクリニックで処方されるものはダポキセチン含有量が30ミリグラムのものなら1錠2200円前後、ダポキセチン含有量が60ミリグラムのものなら1錠3000円前後が相場です。個人輸入通販

2019年12月24日
プリリジーに含まれるダポキセチンは早漏に悩んでいる男性に最適な成分

プリリジーの主成分はダポキセチンという成分で、この成分によってセロトニンが細胞内に再取り込みされるのを防いでいます。ダポキセチンは体内への浸透力も高く、代謝が良く排出も早いため、即効性のある成分として認識されています。効果が現れるまでにそれほど時間がかからないため、性行為の前に服用するだけで、自信を

2019年12月06日
プリリジーを通販で購入する前に医療機関で検査を受けておくべき?

プリリジーはメンズクリニックで処方してもらうこともできますが、通販を利用して購入することも可能です。メンズクリニックでは、医師の診察のもとに薬を処方されるので安心ですが、自己判断で通販で購入するのは安全性などにおいて自己判断して良いのか気になるところでしょう。しかし、早漏であるとの自覚症状があるなら

2019年11月18日
プリリジーが早漏に効果を発揮する仕組みは興奮状態の緩和にあり

早漏の薬には直接陰部に塗るタイプなど色々な種類がありますが、プリリジーは水で服用するだけで射精までの時間を延長できる早漏治療薬です。日本国内では未認可ですが、ドイツやイタリアなどのヨーロッパでは早漏治療薬として認可されており、世界60か国で流通・販売されています。服用の方法はとても簡単で、性行為の1

2019年11月04日